【半年で-13㎏】何度もダイエットに挫折してきた私が継続できた方法

  • 何度も食事制限や運動を試してきたけど、いつも続けられない
  • ダイエットに成功した人は、いったいなにをモチベーションにしたんだろう?
  • 今度こそ絶対に失敗したくないから、ダイエットを続けるための何かいい方法はないかな?

実は、挫折せずに楽にダイエットを継続させる方法があります。その方法が「ダイエットを習慣化」させることです。

なぜなら、頑張って無理矢理ダイエットをしていると、最初は続けることが出来ますが、モチベーションがなくなったときにすぐに挫折してしまう原因になるから。

実際に私も何度もダイエットに挫折してきましたが、ダイエットを日々の習慣に落とし込んで、頑張らないようにしたら、無理なく半年でー13㎏のダイエットに成功することが出来ました。

そこでこの記事では、ダイエットを本気で始めることが出来たきっかけと、ダイエットを習慣化し、継続出来た方法を詳しく紹介します。

この記事を読んで「気がついたら痩せていた状態」を手に入れましょう!

私がダイエットに本気で取り組むことが出来るようになったきっかけ

私がダイエットに本気で取り組めるようになったきっかけは「会社の上司を見て、自分の将来が不安になった」からです。

なぜなら、私の上司は40代なのに、いつも疲れていて仕事がしんどそうだったから。

上司の姿を近くで見ていた私は、急に何とも言えない危機感を覚えたのを覚えています。

上司を見て自分のやばさを実感できた

私の上司がどんな状態だったか簡単に言うと、下記の通り。

  1. 太っていて、いつも疲れている
  2. 疲れちゃうから仕事を極力サボろうとする
  3. 職場の人から嫌われる
  4. 動かないからどんどん体力がなくなる
  5. さらに太る→①に戻る

この負のループに陥っているのがはっきりとわかりました。

どこか他人事のように見ていた私ですが、ある時ふと「自分も同じループに入ってるんじゃね?」と思い出しました。

そう思いだした時にはすでに手遅れで、私の体重は

「入社時55㎏」から4年間で「75㎏」まで増えていました。

自分の現状のやばさを実感した私は、自分のことを見つめなおすことにしたのです。

自分を見つめなおしダイエットを本気で決意

見つめなおしたところ、以下のような状態でした。

  • 仕事で疲れて帰ってきて、何もする気力がないくらい疲れている
  • 休日は動く気が起きず、ゲームやパチンコ三昧
  • ショッピングモールなどに出かけても、すぐに疲れてしまいソファに座っている

マジでやばい状態ですよね。この状態でまだ30歳になったばかり。

人のことをとやかく言っている場合ではありません。

あと10年この生活をしたら、間違いなく私の人生は終わるな」と確信した瞬間でした。

これが私のダイエットを本気で決意したきっかけです。

ダイエットを成功させるには継続が最も大切

何度も何度もダイエットに挫折してきた私がダイエットを継続できた方法は「ダイエットを習慣化する」ことです。

なぜなら、習慣化すると無理なくダイエットを継続することができて、モチベーションがなくなっても挫折することがなくなから。

ダイエットの成功に関して、こんな統計データがあります。

ダイエットの成功の秘訣に関しての統計データ

引用元:NEO MARKETING/ダイエットに関する調査
  • 1位:続けること
  • 2位:手軽に出来る
  • 3位:ハード過ぎない

どれも「継続」に関する項目が上位になっています。ていうか継続に関する項目しか出てきていません(笑)

ダイエットに成功したことがある方たちがこぞって「ダイエットの秘訣は継続すること」と考えていることがわかります。

なので、良いダイエット方法を探すよりも「どうやって継続させるか?」が重要になってきます。

以前の私は、この考えが抜けていました。

  • いかに効率よく痩せるか
  • できるだけ楽に痩せたい
  • お腹いっぱい食べても痩せる方法ないかな?

と方法論ばかりに関心がいってしまい、続ける方法なんて眼中にありませんでした。

これではダイエットが継続できないのも無理がありません。継続出来ないから成功しないのは当然です。そこで、私は考えました。

「継続する方法を勉強しなくては」と。

私が実践したダイエットを習慣化させるために行った方法

ダイエットを始める前に、私は徹底的に「本で勉強する」ところから始めました。

今までの私のダイエットは、全部「なあなあなの知識」でダイエットをして「続けられずに」失敗しています。今回はしっかり「続け方」から勉強をして、失敗する確率を極力下げたいと思ったからです。

実際読書には「知識が増える」以外にもメリットがたくさんあります。読書には「読むだけで健康になる」効果もあるかもしれないのです。

本を読むだけで健康になるかもしれない

引用元:NHK/「運動よりも読書で健康になる!?」
AIが示す「健康長寿」の方法

定期的にスポーツをしたり、食事に気を遣ったりする人は、健康要素と非常に多くつながっている。しかし、読書はそれ以上の数につながっていて、不健康要素とはまったくつながっていない。実に「健康」につながる行動であることが見えてきた。

NHK/「運動よりも読書で健康になる!?」
AIが示す「健康長寿」の方法

このデータからわかるのは、本を読むだけで、本を読まない人と比べて「健康になる確率」が上がるということです。

本がきっかけになり、知識が増えたことによる「生活習慣の改善」や「行動の変化」により、健康になるというループに入ることが出来ます。

「健康になる」=「適正体重」という考え方が出来るので、本を読むことは、ダイエットに効果があると考えられます。

なので、まずは本で「習慣化するための方法」を勉強することを私はおすすめします。

本で勉強してダイエットするための具体的な手順

  1. 習慣化に関する本で勉強する
  2. 効率的にダイエットするために本で勉強する
  3. 勉強したことを自分の生活に応用する

順番に解説していきます。

手順①習慣化に関する本で続け方を勉強する

私はまず「習慣化するため」の効率的な方法を学ぶために、習慣化に関する本を読み漁りました。

私は「効率厨(出来るだけ効率的にやりたい)」なので、まずは信用できる書籍で情報を集めることにしました。

ここで「続けるためには習慣化するのが最も大切だ」ということを学びます。

習慣化するために重要なこと

  • 行動のハードルを出来るだけ下げるようにする
  • 目標やご褒美を設定する
  • 自分の行動を見直して、失敗する理由を考える

色々な本を読んだ結果、この3つが習慣化に大切だとわかりました。

これをダイエットに落とし込んでいきます。これだけだとわかりづらいと思いますので、私が実際にやった方法を紹介します。

実際にダイエットに落とし込んでみた

変わったこと
  • 出勤を自転車→歩きに変更し出来るだけ階段を使用(ハードルを下げる)
  • 日々の仕事で消耗せずにスタミナを残し、副業を頑張れるようにする→収入UP(目標&ご褒美)
  • 「パチンコに行く→帰りに外食する」という行動を見直す(失敗の理由の改善)

全てを書いていると長くなってしまうので一部ですが、こんな感じで学んだことをダイエットに落とし込んでいきました。

すると、何度も挫折していたのが嘘のようにダイエットを無理なく継続することができるようになったのです。

習慣化する方法を学ぶのにおすすめの本を紹介しておきますので、気になった方はぜひ読んでみてください。

手順②効率的にダイエットするために勉強する

習慣化をする方法を本で学んだ私は、本で学ぶことの大切さを身にしみて実感しました。

本で勉強するのとしないのでは、例えると「坂道を歩いて登るのと、車で登るか」くらいの違いがあります。

今までの私は「テレビやネットで見た知識で適当に」ダイエットをしていました。

ダイエットについて勉強している人なら「バカじゃないの?」と言われてもおかしくない行動です(笑)

例えると「お金を貯金したいのに、家賃の高いところに引っ越すようなもの」です。

「いやいや、なんでそうなる?」みたいなレベルですが、当時は本当に無知だったので、至って真面目にやっているつもりでした。

それくらい勉強は大切だということです。

こんなあほみたいな失敗をしないためにも、私は「ダイエットに関係ありそうな本」をリアルに20冊以上読みました

  • 生活習慣の大切さ
  • 健康にダイエットする食事
  • 効果的な運動方法

など、知っているつもりでいましたが、実際は知らないことばかり。

本を読んだ結果、

  • 7時間以上の睡眠を取るように生活習慣を改善
  • タンパク質や食物繊維を気軽に取れるよう食事内容に変更
  • 極力歩く量を増やす

など、ダイエット方法も自分に合わせて大幅に変更しました。

勉強すればするほど不安が減る

  • 体重が減らないけど、この方法であっているのかな…間違っていたらどうしよう
  • もっといいダイエット方法があるんじゃないかな?

など、迷うことが少なくなっていきます。

なぜなら「小手先の方法」ではなく、しっかりと知識があれば、自信を持って「何が正しいのか」を選べるようになるから。

実際「何も知識がない状態だと」本当に合っているのかな?と不安になることが多いです。例えば、「未経験」の職種に転職するときなんかそうですよね。

「なにをしたらいいかわからなくて」不安になるかと思います。ですが、ある程度「業界の知識」があれば「まあこんな感じで仕事すれば大丈夫だろ!」と自信を持って働けるはず。

ダイエットも本質的には一緒で「知識」があれば、ダイエット方法で迷うことはない。変なダイエット方法で失敗することもありません。

なので、ダイエットに関する知識を勉強することで、ダイエットの不安を抑えることができ、迷うことも少なくなるでしょう。

手順③勉強したことを自分の生活に応用する

あとは勉強したことをダイエットに取り入れるだけです。

あなたがいつもダイエットが続かなくて悩んでいたら、習慣に関する本で「なぜ続かないか?」を特定する。

ずっとダイエットをしているのに結果が出ないという方は「ダイエットのやり方」に問題があるかもしれません。その場合は、食事や運動、生活習慣に関する本を読みます。自分のダイエットが間違ってないかをチェックしてみると良いでしょう。

そして、間違っていたところをどんどんと変えていくことで、無理なく効率的にダイエットが継続でき、効果も出るダイエットが出来ます。

要するに「ダイエットでもPDCAを回しましょう」ということです。PDCAを簡単に言うと、

  1. 課題を見つける(続けられない)
  2. 改善方法を探す(継続方法を本で勉強)
  3. 実際に試す(極力階段を使うようにする)

みたいな感じ。自分の課題を見つけ、どんどん改善していくことです。

これも私は本で勉強しました(笑)

読むだけではなく、しっかりと自分のダイエットに取り入れていきましょう。

本を選ぶのがめんどくさかったらこの本を読め

ここまで読んで「でもどんな本を読めばいいかわからない…探すのもめんどくさいし」と思う方もいるかもしれません。

そこで、私が「とりあえずこれ読んどけばOK」と思う本を紹介しておきますので、参考にしてください。

おすすめの本は、下記の通り。

おすすめの本
  • 小さな習慣
  • 最高の体調
  • 世界最新の医療データが示す最強の食事術

小さな習慣:習慣の作り方を学ぶのにおすすめ

小さな習慣では、習慣作りに必要な考え方を具体的な方法に落とし込んで、わかりやすく解説されています。

ダイエットをいつも続けることが出来ない方におすすめの本。

この本を読めば、習慣化するための目標の決め方がわかり、人生を簡単に変えることが出来るようになります。

最高の体調:生活習慣を変えたい方におすすめ

最高の体調は、生活習慣を見直し、体調を整える方法を教えてくれます。

体調が良くないと、何もやる気が起きなかったり、すぐに疲れてしまい、何も出来なくなってしまいます。

ダイエットと並行して、体調を整えることで、ダイエットの成功確率も大幅に上げることが出来ます。

「なんだか最近疲れやすいんだよな…」と悩んでいる方には特におすすめ。

最高の体調を読んで、ダイエットのためにも疲れづらい最高の体調を手に入れましょう。

世界最新の医療データが示す最強の食事術:食生活を見直したい方におすすめ

最後は食生活の見直しにおすすめの本です。

世界最新の医療データが示す最強の食事術は、健康になる食事をとても分かりやすく解説してくれている本です。

まずは「痩せなくても良いから、健康的な食事」は絶対に取り入れたほうが良いです。

なぜなら、健康的な食事=太りづらい食事だから。

実際に私も「健康的な食事」に切り替えるだけで「体重10㎏以上」落ちました。

なので、まずは「世界最新の医療データが示す最強の食事術」で健康的な食事方法について、学んでみると良いでしょう。

まとめ:ダイエットを継続するための勉強から始めよう

ダイエットを継続するためには「ダイエットを習慣化する」ことがで大切です。

ダイエットが続かないという方には「継続方法」が悪い場合と「ダイエット方法」が悪い場合があります。まずは「継続方法」を改善してみるのがおすすめです。

改善する方法でおすすめなのは「続ける方法」を本で勉強すること。

自分が失敗している理由をよく分析して、効率よくダイエットを改善していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です