【ベースパスタ】フィットチーネでペペロンチーノを作って食べてみた【美味しくはない】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • ベースパスタのフィットチーネをペペロンチーノにしたら美味しいのかな?
  • ペペロンチーノの作り方も知りたい

ベースパスタって、どうやって食べていいのか迷いますよね。

そこでこの記事では、調理師の私がベースパスタのフィットチーネをペペロンチーノにして食べてみた感想を紹介します。

ぜひ参考にご覧ください。

「ベースパスタペペロンチーノ」の材料(1人前)

材料(1人前)
  • ベースパスタフィットチーネ:1パック
  • たまねぎ:1/2個
  • 刻みにんにく:小さじ1~2
  • 鷹の爪:1/2本
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 味の素:3ふり
  • パセリ:適量
  • 塩コショウ:適量

「ベースパスタペペロンチーノ」の作り方

「ベースパスタペペロンチーノ」の作り方は下記のとおりです。

  1. 玉ねぎを切る
  2. にんにくと鷹の爪を炒める
  3. 玉ねぎを炒める
  4. 塩コショウと味の素をふる
  5. パスタを茹でる
  6. パスタと玉ねぎを混ぜ合わせる
  7. オリーブオイルを足してパセリをかける

詳しく解説していきます。

作り方①玉ねぎを切る

玉ねぎを縦半分にして、5㎜くらいの薄切りにします。

作り方②にんにくと鷹の爪を炒める

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、

強めの弱火でじっくりと炒めます。

きつね色になるくらいまで炒めます。

作り方③たまねぎを炒める

玉ねぎを入れ、炒め始めます。

作り方④塩コショウと味の素をふる

塩コショウと、

味の素で味を整えます。

作り方⑤パスタを茹でる

玉ねぎを炒めつつ、パスタを茹で始めます。

作り方⑥パスタと玉ねぎを合わせる

パスタの水気をザルなどで切り、

玉ねぎを炒めているフライパンに、パスタを入れます。

作り方⑦追加のオリーブオイルとパセリをかける

油分が足りなそうなら、オリーブオイルを足し、パセリをかけたら完成です。

美味しくはないけど食べられなくはない

麺の色のインパクトが凄いですね(笑)。

それでは食べてみたいと思います。

「美味くはないけど、まあ食べられなくはないかな…」

美味しいとは間違っても言えないものの、まあ不味くて食べられないというレベルでもありません。

玉ねぎは美味しいです(笑)。

麺が本当に独特な味がするんですよね~。

妻曰く「味噌でも練り込んでいるに違いない」みたいなことを言っていました。

でも、それくらい麺の存在感が凄いです。

ペペロンチーノの味を吹き飛ばすくらい、麺の独特な味が勝っています。

麺の味が8で、ペペロンチーノが2くらいの味のバランスみたいな感じ。

ベースパスタのフィットチーネの場合は、もっとペペロンチーノの味を強くするか、味の濃いパスタソースに変えたほうがいいかもしれませんね。

まとめ:パスタソースを濃い目に作るのがポイント

この記事では、ベースパスタのフィットチーネをペペロンチーノにして、食べてみた感想を紹介しました。

作り方は下記のとおりです。

  1. 玉ねぎを切る
  2. にんにくと鷹の爪を炒める
  3. 玉ねぎを炒める
  4. 塩コショウと味の素をふる
  5. パスタを茹でる
  6. パスタと玉ねぎを混ぜ合わせる
  7. オリーブオイルを足してパセリをかける

フィットチーネの主張が凄くて、いつも通りのペペロンチーノを作ったら、麺の味に負けてしまいました。

なので、もっと「濃いペペロンチーノ」にするか、ナポリタンのような味の主張が強いタイプのパスタソースに変えるのがよさそうです。

麺の味が気にならない方は、そのままのペペロンチーノもありだと思います。

作る時には、多少濃い目のソースを意識して、作ってみて下さいね。