ガッツリ食べたい方に!「極上すぼら飯」を読んでみた感想

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「ご飯がすすむガッツリしたメニューが食べたい!けど、めんどくさい料理は作りたくない…」なんてことありませんか?

だからといって、外食ばかりでは、食費もかさむし、健康も心配ですよね。

そんな方におすすめなのが、だれウマさんの「極上すぼら飯」。

この記事では、調理師歴13年で料理レビューライターの私が「極上ずぼら飯」を読んでみた感想を紹介します。

実際に作ってみた感想も紹介しますので、ぜひ参考ご覧ください。

「極上すぼら飯」とは

「極上すぼら飯」は、人気YouTuberのだれウマさんのレシピ本です。

だれウマさんのYouTubeチャンネルは、2019年に開設し、わずか1年で登録者26万人を突破したほどの人気です。

「すぼらでも旨く作れる」をコンセプトにこの本を作ったそうです。

中でも、だれウマさんが作るプリンが一番人気とのこと。

もちろん、本書にもしっかりとレシピが載っています。

簡単なレシピだけでなく、意外とおやつ系も種類が豊富なのが特徴です。

続いて、僕がなぜこの本を買おうと思ったのかを紹介していきます。

料理のバリエーションがめちゃくちゃ刺さったので購入

僕が「極上ずぼら飯」を買おうと思った一番の理由は「料理のバリエーションが気に入った」からです。

「極上ずぼら飯」には、僕のような食いしん坊かつ、めんどくさがりの男性がよだれを垂らして喜ぶような「こってり&がっつり」なレシピが多数掲載されています。

シンプルに「これ美味そう!食べたい!」と思えるレシピがたくさんありました。

あとは、黒をメインにした本の配色も個人的には大好きです。

どことなくラーメン屋のような感じがして、「ちょっとラーメンでも食べたいな」みたいな気持ちで購入しました(笑)。

あと、甘いものも好きなので、おやつ系も載っているのが嬉しかったです。

米がすすむ!とにかく米がすすむ!

「極上ずぼら飯」特に目を引くのが、お肉料理です。

だれウマさんの肉料理は、本当に美味しそうで、本を読んでると「うわ~美味そう…」と思わず口に出てしまうくらい(笑)。

シャレオツ系ではなく、ジャンクな飯テロ系のレシピです。

健康度外視で「今日はとにかくがっつりしたものが食いたい!」みたいな日に、だれウマさんのレシピを作るようにしています。

とにかく米がすすんで、癒されます(笑)。

我が家の献立のお肉率とジャンク率が上がってしまいました(笑)。

気を付けないと体重が増えてしまいそうです。

それくらい美味しいレシピがたくさんあるということですね。

続いて、実際に作ってみた料理の感想を紹介していきます。

実際にレシピどおりに作って食べてみた

料理は随時作ったら更新していきますので、参考にして見てください。

マヨポンガーリックチキン

マヨネーズとポン酢で炒めるシンプルなレシピ「マヨポンガーリックチキン」を作ってみました。

一言で言うと「マジ美味い」です。

ガーリックとマヨネーズ、ポン酢の相性が最高で、また長ネギがいい仕事をするんです。

超ご飯がすすむ味。

作るのも簡単なので、我が家の最高の献立の1つに入れることにしました。

それくらい美味しかったです。

無限油パスタ

ごま油を存分に使った「無限油パスタ」を作ってみました。              

作り方が簡単で、パスタを作り慣れていない方でも、失敗せずに作れるようにレシピが考えられているなと感じました。

味は、ごま油風味のペペロンチーノで、めちゃくちゃ美味しいです。

卵黄との相性が最高で、絶対卵黄と一緒に食べたほうがいいです。

ペペロンチーノ好きにおすすめです。

ねぎ塩豚丼

混ぜて焼くだけで、簡単に作れる「ねぎ塩豚丼」を作ってみました。

長ネギに塩だれの旨味がたっぷりと染みていて、めちゃくちゃごはんがすすみます。

超美味しいです。

作るのも簡単だし、美味しいし、言うことなしです。

これからも何度も作ることが決定しました(笑)。

アボカドとサーモンの韓国風海鮮丼

タレを混ぜるだけで簡単に作れる「アボカドとサーモンの韓国風海鮮丼」を作ってみました。

ごま油の風味とごまが効いていて、シンプルに美味しいです。

個人的には、タレに「わさび」を追加したいなと思いました。

理由は、そのまま作ると、サーモンの臭みが気になったこと。

わさびを入れることで、より海鮮丼に近い感覚で食べられるので、そっちのほうが好みでした。

「たまに作っても良いかな」というレベルの美味しさでした。

揚げない油淋鶏

揚げないことで、簡単に作れる「揚げない油淋鶏」を作ってみました。

これ…「めちゃくちゃ美味いです」。

とにかく油淋鶏のタレが美味いです。

特製のタルタルソースとの相性もいいし、ごはんが止まらなくなります。

定期的に食べたいと思えるくらい美味しいレシピ。

油淋鶏好きには、絶対作って欲しいレシピです。

サバター飯

さば味噌煮缶を使った炊き込みご飯「サバター飯」を作ってみました。

作るのはとても簡単でよかったのですが、個人的にはサバ缶とバターがあまり合わないかなと感じました。

普通に和風の炊き込みご飯でよかった感。

けど、健康的にはおすすめのレシピなので、サバとバターがいける方はありかもしれません。

スフレパンケーキ

フライパンで作る「スフレパンケーキ」を作ってみました。

かなりふわふわな食感で、お店で食べるようなスフレパンケーキと遜色ありません。

家で、スフレパンケーキなんて今まで作ったことがなかったので、とても新鮮に楽しみことが出来ました。

「もうスフレパンケーキはこれでいいや」と思えるくらい美味しかったです。

チョコテリーヌ

混ぜて、焼くだけのチョコテリーヌを作ってみました。

かなりチョコ感強めで、ちょっとくどいかなと感じました。

もうちょっとさっぱりした感じだったらよかったかなと思います。

でも、少し食べるくらいなら、これくらい濃厚なくらいでちょうどいいのかなと思います。

僕のような「いっぱい食べたい派」には、ちょっと微妙でした。

ベイクドチーズケーキ

混ぜて焼くだけの「ベイクドチーズケーキ」を作ってみました。

これ、結論から言ってしまうと「神レシピ」です。

多分、人生で食べたベイクドチーズケーキで一番おいしい。

食べた瞬間「何これ、美味…」と思わず口に出してしまうくらい美味しかったです。

何度も何度も作るであろうことが確定しました。

もう我が家のベイクドチーズケーキはこのレシピ一択です。

それくらい最高のレシピでした。

読まないと人生損してます

「ずぼら極上飯」のおかげで我が家の献立のレベルが確実に上がりました。

最近では「今日はだれウマさんのレシピか~夜ごはん楽しみだな」と仕事中から楽しみにすることが増えました。

そして、最高のデザートにも巡り合えました。

「極上ずぼら飯」を買わなかったら、今回作ったレシピとは会えなかったと思うと、本当にゾッとします。

それくらい神レシピ本だと思いました。

マジで、読まないと人生損するので、興味がある方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

まとめ:ガッツリ系と甘いものが好き方におすすめ

今回の記事ではだれウマさんのレシピ本「極上ずぼら飯」を読んでみた感想を紹介しました。

ガッツリ系のレシピがたくさんあり、どれも簡単に作ることができました。

味は、濃い目でごはんがとにかくすすむ味で、美味しすぎて太ってしまうのが心配なくらい。

意外とデザートも豊富で、個人的にイチ押しのレシピ「ベイクドチーズケーキ」が最高でした。

ガッツリ系や甘いものが好きな方には絶対読んでもらいたいレシピ本です。

ぜひ、手に取って「ガッツリ甘々ライフ」を楽しんでみてくださいね。