ネットスーパーは本当に高いのか?【おすすめのネットスーパーの選び方も紹介】

syokuzaikagononakanitakusan

食材の買い物に行くのがめんどくさすぎる。かといって、ネットスーパーはよくわからないし、調べるのもめんどくさい。

そんなことするぐらいなら、我慢してスーパーに行けばいいや。

人づてに「なんとなくネットスーパーは便利らしい」なんて耳にしたけど、

「本当に便利なのかな?高いって言うし、損したくないな。人に今更聞くのもな…」

なんて二の足を踏んでいる方に「ネットスーパー」のすばらしさをこの記事では、お伝えします。

この記事を読むと、ネットスーパーの素晴らしさがわかり、損しないネットスーパーの選び方もわかります。

ぜひご覧ください。

ネットスーパーは高いけど積極的に使うべきです

syokuzai dannbo-ru

ネットスーパーは「送料」がかかるため、スーパーに自分で買いに行くよりは高くついてしまいます。

その他にも、

高くなる原因
  • 自分で食材を選ぶことが出来ない
  • 商品がない時に代用品が届くことがある
  • 安売りがない(タイムセール)

など、デメリットがあり、安く買えない場合がとても多いです。

ですが、私はそれでもネットスーパーを「絶対に使うべき」だと考えています。

理由は下記の通り。

  • いつでも注文できる
  • 無駄遣いや買い忘れがなくなる
  • 自分の時間が増える

理由①いつでも注文できる

スマホがあればいつでも注文できて、早いと当日に届けてもらうことも可能です。

仕事が忙しくて、疲れ切って、やっとの思いで家に帰ります。疲れているから何もしたくないけど、お腹は減っています。重い腰を何とか上げて、ご飯を食べようと思って、冷蔵庫を開けると食材がなにもない。

こんなことってありませんか?

実はこれ、私のことです(笑)

せっかく帰ってきたのに、食材が何もなかったら絶望しますよね。また外に出るのってめちゃくちゃめんどくさいですし。

「いやいや、前日に食材があるかくらい確認しとけばいいじゃん」なんて聞こえてきそうですが、仕事が忙しかったりすると、マジで忘れてるときがあるんですよ。

ですが、ネットスーパーを利用していると「帰ってきたら食材がない」なんてことを減らすことが出来るんです

私の場合は、仕事から帰ってきてから、冷蔵庫にあるもので料理を作り「明日食べる分はあるかな?」みたいな感じで確認します。

その時に食材がなければ、明日の仕事終わりに合わせて「食材が届く」ようにネットスーパーで注文するようにしています。

そうすることにより「今日は仕事終わりに、買い物して帰らなきゃ」と考えながら仕事しなくて済みます。

万が一忘れても、勝手に家に届くので安心です(笑)

実際仕事をしていると、自分の冷蔵庫のことなんて覚えてられませんからね。

なので、使うべき理由の1つ目は「いつでも注文できる」ことです。

理由②無駄遣いや買い忘れがなくなる

基本的には「家にいる時」に注文するので、無駄遣いや買い忘れを防ぐことができます。

スーパーに行かなければ誘惑されない

  • おっ!このおにぎり半額か…お得だから買うか
  • レジ横にあるチョコレートを思わず買い物かごの中へシュート
  • 納豆あったけ?まあ腐るものでもないし買っとくか

みたいなことってありますよね。

まあ、これも全部私なんですけどね(笑)

上記の無駄遣いは「そもそもスーパーに行かなければ」発生しないんです。

家で注文すれば、安売りに目を奪われることもありませんし、ついついお菓子を買ってしまうなんてことも起きません。

スーパーには無駄遣いをさせる仕掛けがたくさんある

実はスーパーには、人間の心理を応用した「無駄遣い」させる方法がたくさん使われています。

  • レジが出入口付近にある
  • 入り口付近には色とりどりの野菜や果物
  • 肉や魚などは店舗の奥の方

など、全て人間の心理を応用されています。出来る限り、多くの商品を買ってもらえるように研究されたレイアウトなのです。

この罠を自覚していないと、知らず知らずのうちに無駄遣いをしてしまうのです。

今回の記事を書くにあたって、参考にしたとてもいい本がありましたので、紹介しておきます。

  • ついつい無駄遣いをしてしまう
  • 無駄遣いをしてしまう理由を知りたい

という方は、ぜひ読んでみて下さい。

この本を読むと、スーパーに行くと「なぜか無駄遣いをしてしまう」理由がわかるはずです。

以上のことから、スーパーに行かずに買い物ができる「ネットスーパー」は、無駄遣いを減らすことが期待できる方法だということ。

なので「ネットスーパーを使うべき理由」の2つ目は、無駄遣いや買い忘れがなくなるからです。

理由③自分の時間が増える

食材をスーパーに買いに行くには、

買い物の障害
  1. 出かける準備をする
  2. 天候や季節(寒い・暑い)
  3. スーパーまでの道のり
  4. 食材を選ぶ・探す
  5. 食材を買う(レジ待ち)
  6. 食材の袋詰め
  7. 食材を家まで運ぶ

などの、数々の試練を乗り越えねばなりません。

考えただけで、絶望しまうのではないでしょうか。

これに加えて、

  • 車をもっていない
  • スーパーまで遠い
  • 重いものを持てない

という場合は、さらに時間がかかることになります。

そんな時に「ネットスーパー」なら、この試練の数々を「送料」を払うことで相殺することが出来るんです。

どうでしょう。凄く魅力的ですよね。

少なく見積もっても「1時間以上」は買い物に時間を割かなくてはいけません。

平日の仕事終わりの1時間はとても重要です。

私の場合は、1時間あれば、

  • ゲームやアニメが見れる
  • 読書なら本を1冊読めてしまうかもしれない
  • 副業の記事執筆ができる

などやりたいことがたくさんありあります。

実際にネットスーパーを利用するようになり、とても時間にゆとりが出来て、やりたいことに時間をもっとさけるようになりました。

自分の時間単価で考えよう

以前の私には、自分の時間が増えるような

  • 商品
  • サービス

を使う時に「自分の時間単価」を考えてから使うという発想が私にはありませんでした。

「送料取られるじゃん…それなら自分で買いに行ったほうがお得じゃん。ネットスーパーなんて使わなくてもいいや」

その時の私はこんな風に考えていたのです。

ですが、ある日ふと見ていたYouTubeで、偶然「時間単価」の考え方を解説してくれている動画を発見します。

この動画をきっかけに私は「時間単価」という考え方がある事に気づきます。

時間単価の考え方とは、

自分が「何かをする時にかかる時間」でどれくらい「稼げるか」を考えることです。

例えば、私の場合ですと、副業でライター業をやっているのですが、1時間作業すると500円以上は稼ぐことが出来ます。

買い物に行く時間を1時間とすると、500円以上の送料がかかる場合は自分で買い出しに行く方がお得ということです。

現在私が利用しているネットスーパーは「送料が300円」なので、私の時給よりも低いことがわかり、利用したほうがお得だということがわかります

この考えを知った私は「自分の時給より安いサービスを利用していないのはもったいない」と思うようになり、ネットスーパーを活用するようになりました。

「時間単価」という視点で見てもかなり「ネットスーパー」はコスパが良いですね。

なので、ネットスーパーを使うべき理由の3つ目は「自分の時間が増える」からです。

ネットスーパーを選ぶ手順

ninnzinnerabu

ネットスーパーを選ぶ手順は、下記の通りです。

  1. 月ごとの食費を計算
  2. 配送エリアの確認
  3. 送料の確認
  4. 配送方法・支払方法の確認
  5. ポイントの有無

手順①月ごとの食費を計算する

まずは自分が1か月にどれくらい食材を買っているのかをざっくりと良いので、把握しておきましょう。

理由は、ネットスーパーを選ぶときに、必要になるからです。

ネットスーパーには、

  • 1回の注文金額が一定金額を超えると無料
  • 月額会費で何回注文してもOK
  • 最低注文額

など、会社によって特徴があります。

例えば、

  • 大家族だから1回の注文で1万円くらい平気で使ってしまう
  • 冷蔵庫が小さいから最低注文額は低いところじゃないと厳しい
  • 1人暮らしだから、少ない量を何度も注文したい

などなど、人によって様々です。

なので、まずは自分が1か月にどれくらい食費に使っているかを把握しておきましょう。

手順②配送エリアの確認

自分の家が配送可能かをまず確認します。

色々調べて、時間を使ってやっと決めたのに、配送不可だったら、悲しいですからね。

二度手間にならないように配送エリアからのチェックがおすすめです。

手順③送料を確認

会社によって、

  • 送料の決め方
  • 無料になる条件

が異なるので、自分の配送エリアの送料をチェックするようにしましょう。

出来るだけ自分の利用状況に合わせて、選ぶようにすると、損をせずに済みますよ。

手順④配送方法・支払方法の確認

受け取り時在宅必須?置き配は可能なのかを確認する

配送方法は、

確認すること
  • 受け取り時に家に居なければいけないのか
  • 置き配には対応しているのか
  • 置き配の条件

などを確認してきましょう。

例えば、イオンネットスーパーの場合は以下の条件があります。

引用:イオンネットスーパ
  • 初回配送時は要在宅
  • オートロック不可
  • アイスクリームなどの溶けやすいものは不可
  • 保冷剤・バックの返却

などの条件があり、調べておかないと失敗してしまう原因になってしまいます。

なので、配送方法の確認はしておきましょう。

現金支払いは可能かなどを確認しておく

支払方法も合わせて確認しておくと間違いないでしょう。

「クレジットカードを使うといくら使っているかの実感がわかない。使いすぎてしまうのが怖いから、あまり使いたくないな…」

クレジットカードが苦手な方もいるかと思いますので、受け取り時に「現金支払い」対応可能かを確認しておくのがおすすめです。

配送方法・支払方法を確認したら、最後はポイントの有無を調べます。

手順⑤ポイントの有無

スーパーと同じで、ネットスーパーでも買った金額に応じてポイントが入ります。

  • ポイント自体があるのか
  • ポイントの付与率
  • ポイントが使えるところ

をチェックしておきましょう。

自分がいつも利用しているポイントに対応していると、かなり便利ですからね。

私の場合は、ここをあまり意識せずに利用していまい、ポイントカードをわざわざ作る羽目になってしまいました。

私のように二度手間になることは避けたいですね。

なので、ポイントの有無をチェックしておくと良いですよ!

迷ったらこれ!ネットスーパーおすすめ4選

「多すぎてどこにしたらいいのか選べない」という方は、この3つから選んでおけば間違いありません。

実際に私もイオンのネットスーパーを利用していますが、品質も配送の対応も何も問題ありません。

私は最近、楽天で投資を始めたので、ポイントを有効に使えるようにするため、近々楽天西友ネットスーパーに乗り換えを検討するかもしれないのです。

もし決められない方は、この4つの中から自分に合うネットスーパーを選んでみて下さいね。

ネットスーパーは全人類が使うべきです

syokuzaikagononakanitakusan

今回はネットスーパーは使う価値があるのかどうかを紹介しました。

最後に簡単にまとめておきます。

ネットスーパーは、

  • いつでも注文できる
  • 無駄遣いや買い忘れがなくなる
  • 自分の時間が増える

というメリットがあるので、積極的に使うべき。

ネットスーパーの選び方は、

  1. 月ごとの食費を計算
  2. 配送エリアの確認
  3. 送料の確認
  4. 配送方法・支払方法の確認
  5. ポイントの有無

をチェックすると間違いありません。

ネットスーパー選びに迷ったら、

から選んでおくことで、間違いないでしょう。

ぜひネットスーパーを利用するときの参考にしてみて下さい。

【初心者でも迷わない自炊の始め方】調理師の私が解説【9つの手順】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です