【利便性の冷凍宅配弁当vs節約の自炊】頼む前にチェックしておくこと

  • 冷凍宅配弁当って節約の観点から見たらどうなんだろう?
  • わざわざ高い冷凍宅配弁当を頼む必要はあるのかな?
  • 頼む時の判断基準が知りたい

と悩むことってありませんか?

そんな時に「冷凍宅配弁当を明確に頼む基準」があったら、助かりますよね。なぜ基準があると良いのかと言うと、ゲームの攻略本を想像してもらえると、わかりやすいです。

ゲームの攻略本には「進むべき道到達推奨レベルオススメの装備」などが細かく解説されています。

そうすると、一切迷わずにゲームを進めることが出来ます。何が言いたいかというと「圧倒的に決めるのが楽」ということです。(選択肢がいっぱいあると迷いますよね)

ですが、冷凍宅配弁当を「頼むかどうかの基準」みたいな都合のいい攻略本はありません。

そこでこの記事では、「コスパ」の観点から「どんな時に冷凍宅配弁当を頼むべきか?」を徹底検証してみました

https://daimisablog.com/wp-content/uploads/2020/10/ブログ:だいき-1-2-e1602644224387.pngだいき

冷凍宅配弁当を頼むかどうかの判断基準が明確になり、自分に合った方法を選ぶことが出来るようになります。

この記事を書いた人

だいきのプロフィール

1か月の食費平均は3万~7万円

総務省から発表された「2021年の4月~6月」の1か月の食費の平均をまずは紹介します。

食費の平均全体の食費外食費外食費を除いた食費
単身世帯37,644円7,353円30,291円
2人以上の世帯74,219円8,564円65,655円
引用元:総務省統計局

1人暮らしでは、食費が4万円前後、2人以上の世帯では7万円前後が食費の平均になっています。

もちろん平均なので、高所得の方や低所得の方、6人家族の方などごちゃ混ぜの数値です。あくまで平均として参考にすると良いでしょう。

平均だけだと、一般的な家庭の食費がわからないと思ったので、SNSでの口コミも集めてみました。

SNSでの食費の口コミ

SNSの口コミを見てみると、以下の感じになりました。

SNSの口コミ節約している節約していない
1人暮らし1.5万円前後5万~6万円前後
2人暮らし3~4万円前後8万円前後

食費を頑張って節約している方は、1人暮らしで2万円以下、2人暮らしだと4万円以下でやりくりしている方が多かったです。

一方、食費をあまり気にしていない方は、1人暮らしでも6万円ほどかかっています。2人暮らしだと8万円前後が1番多い結果になりました。

ちなみに我が家の場合(2人暮らし)は、節約できたな~という月は3万円ぐらい今月はいっちゃったな~みたいな月は5万円くらいの食費がかかっています。

この結果から考えると、節約をあまり意識していない方の食費=平均の食費に近い、もしくは少し高いということが分かりました。

さらに、節約している=自炊だと考えられるので、自炊の食費=節約している人の食費もここからわかります。

この結果を踏まえて、冷凍宅配弁当のコスパを考えていきます。

冷凍宅配弁当を毎日1食食べると、かかる費用は20,973円

今回は冷凍宅配弁当を毎日1食食べた時を想定して考えてみました。

冷凍宅配弁当の値段は、人気冷凍宅配弁当メーカーの1つのnosh(ナッシュ)の10食コースの値段を参考にしてみました。

nosh(ナッシュ) の解説記事を見てみる

結果は下記の通りです。

冷凍宅配弁当を毎日1食食べた場合

30食分(17,970円)+送料3回分(3003円)=20,973円

これを「安い!」もしくは「こんなもんか」と思えるかどうかが、宅配弁当を頼むかどうかの基準になってきます。(もっと安い冷凍宅配弁当メーカーもあります)

→安さで冷凍宅配弁当を徹底比較してみた

「頼むとしたら、3食全部を冷凍宅配弁当にしたい!」という方は、単純に3倍の値段がかかります。

1か月毎日3食食べた場合は、20,973円 ×3で62,919円

厳密には、お米代や飲み物代などもかかってくるので、7万円前後の食費に落ち着くはずです

1人暮らしの節約していない方の食費とほぼ同じくらい

7万円前後というのは、節約を考えていない1人暮らしの方の食費とほぼ同額もしくは、少し高いくらいです。

朝ごはんを食べない方の場合は、むしろ安いくらい

なので、1人暮らしで節約をしていない方は、何も考えずに頼んでも良いレベルです。

しかし、2人暮らしでは注意が必要。

2人暮らしの節約をあまり考えていない方は、8万円前後の食費です。(1人暮らしよりも節約しやすいため)

ですが、2人で毎食冷凍宅配弁当を食べると、14万円くらいかかってしまうので、お得とは言えなくなります。(厳密には割引があるので、もうちょっと安く収まります)

なので、2人暮らし以上からは「冷凍宅配弁当の利便性にお金を払ってもいいか?」が論点になってきます。

となると、使い方も工夫する必要が出てきます。例えば、夫のお弁当を作るのがめんどくさい→冷凍宅配弁当にするみたいな感じ。

これなら、週5日を4週間で(599円×20食分+送料2回分)で13,982円です。約1.5万円で、煩わしいお弁当作りから解放される(しかも健康的で、夫のメタボ解消も)と思ったら、頼んでも良いと思いませんか?(お弁当作りってめんどくさいですよね…)

以上のことから、冷凍宅配弁当を頼むかどうかは

  • 節約をしていない1人暮らしの方は、節約目的でもあり
  • 2人暮らし以上の家庭は、冷凍宅配弁当の利便性にお金を払えるかどうか

を参考にして決めるといいということになります。

冷凍宅配弁当のメリット・デメリットが気になる方はこちら

まとめ:節約なら圧倒的に自炊だが、利便性なら冷凍宅配弁当

今回の記事では「自炊と比べて、冷凍宅配弁当に費用をかけてまで、頼む価値があるのか?」を紹介しました。

節約をするなら、自炊一択です。節約を意識しないのであれば、冷凍宅配弁当も選択肢の1つとして全然ありです。

特に1人暮らしで外食メインの方は、安い冷凍宅配弁当にすることで、節約することも可能。

2人暮らし以上の場合は、節約の観点で見ると微妙なので「冷凍宅配弁当のメリット」にいくらまで払えるかで考えると良いでしょう。

冷凍宅配弁当が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しているので、読んでみて下さいね。

【冷凍宅配弁当ランキング】結婚後20㎏太った私が失敗しない選び方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です